FC2ブログ
栗拾いたのしー!


↑宿舎の敷地に大きな栗の木があります☆

去年は気づいたらすっかり皆さん拾っちゃってて取れなかったんですが。

今年は子どもたちが栗ご飯食べたいーー!!と言うので張り切って争奪戦に参加。栗って大人気だぜー。

ちょくちょく見に行ってるけど、近所の皆さんもちょくちょく来ているらしく全然落ちてませーん(笑)。今朝は運がよく、先客の栗拾いおじさんが帰った後、風が吹いて実がバラバラ落ちて来たよー!←落ちてくるの怖いけど。

昨日少し拾ったのと合わせると、栗ご飯くらいはできる量になりました。







iPhoneから送信
スポンサーサイト



[2013/09/28 10:10 ] | 日常 | コメント(0)
補助金申請
病気が確定したところで、国からの補助金が出るというので申請に行ってきました。保健所です。

必要なもの。

・特定疾患意見書という医師の診断書(2枚)
・世帯主の源泉徴収票
・世帯全員分の住民票の写し
・本人の保険証
・印鑑

です。

職場でこの時期になんで源泉徴収票??とか言われたらしいけど、なんやかんやごまかし...。

来月8日の審査で通れば治療費が一部負担で済みます。お薬代は無料になるそうなのでこれは大変ありがたいです。

病気確定とともに、本格的に治療が始まり、お薬が処方されたんですが、2週間分で4000円くらいかかりました。1ヶ月8000円だよね...。たぶん内視鏡検査も年イチでやらないといけないと思うんですが、こっちは1回15000円です。補助受けられるととても助かります。

うわさですが、この補助を受けていると、医療保険や住宅ローンの団体信用生命保険の審査に通らないこともあるとか。医療保険はもう入ってるから良いけど。住宅ローンの方はね...。我が家はもう一人病気持ちがいるので、これ本当だったら我が家大打撃だなーと思うんですがしょうがないよね。


この一週間、あれこれありすぎて疲れました。


検査しんどい+病気発覚+お金のこと。


あ、でも薬飲み始めたらお腹少し楽になってきたんだー。鉄剤も毎日飲んでるので疲れなくなってきたし。夏の間、怒鳴りっぱなしだったのがウソのようにだいぶ平和な我が家が戻ってきた。
[2013/09/28 00:56 ] | ワタシのはなし。 | コメント(0)
はじめての内視鏡検査
9月17日に初の大腸内視鏡検査を受けて来ました。


検査自体は簡単です。


しかし、準備がとっても大変。


前日から炭水化物を中心に消化しやすいものを摂取。←地味に憂うつになる。寝る前に、コップ3杯で薬を飲む。夜9時以降は絶食です。

当日の起床後に下剤を飲みます。飲んですぐにお腹ギュルギュル来るかと思ってたら、3、4時間後がピークでした。出し切っちゃえばお腹痛くない。下剤の腹痛が一番しんどかったな…。

病院で受け付けしてすぐに呼ばれて、血圧計、問診。

そして、経口腸管洗浄剤ですよ。一般には、2時間で2リットル飲むと言われてますが、ここのクリニックでは「腸管がキレイになってれば良いので全部飲む必要はないですよー」と言われてホッとしました。実際、1リットルを1時間ちょっと、それから水500mlを30分、残り30分で洗浄剤を2、3杯飲んだ辺りでOK出ました。

洗浄剤は胃もたれするというか…。美味しくはないし…。味はレモン味ではあるんですが、ベースが塩水(笑)。甘いんならいいんだけど、塩っぽさが強い水って飲めないねー。

唯一、アメを自由に食べて良いですよ!と言われたのが救いです。ハイチュウ最高だった。

検査室で着替えて、採血と点滴しました。点滴は、腸の動きを止める薬と痛みを感じにくくさせる薬?が入り、薬が入って2、3分したあたりで頭がぼーっとして現実か夢かわからないフワフワした感じになりました。不快ではない。

一方の内視鏡は、麻酔薬が入ってるというゼリーを使っているからか、「カメラ入りますよー」から先はあんまり感覚なし。腸管移動するのもわかってちょい気持ち悪いけど大丈夫。お腹の左角曲がる時はアイテテとなったくらいかな。小腸の一番最後の辺りまで入ったそうですがその時の感覚はありません。

胃の下を通す時は看護師さんがぎゅーっと押さえてました。ちょっと重い感じ。

小腸の末端まで届いたら、仰向けになって下さいって言われて、そこからモニター見ながら説明を受けました。

小腸、盲腸から大腸の上の方、左側まではキレイなもんでポリープとかもなし。いたって健康。

S状結腸〜直腸が異常でした…。毛細血管は見えなくて、腸管はボロボロになっててびらんという、かさぶたのようなものが全体に見られました。血がにじんでいるので、下血はこれのせいですね。基本的に鮮血は浅いところの出血だって聞いてたのでやっぱりなーという印象。

S状結腸と直腸の組織をとって病理検査に出してもらいました。


検査がスタートしたの14:45くらいで、終わったの15:20くらい。あとは診察室で先生からの説明がありましたが、病理検査に出す前でもこれは潰瘍性大腸炎だね、と言われました。検査の結果が出てから確定ということで...。


次回のお話は~、国指定の難病で補助金申請!
[2013/09/28 00:41 ] | ワタシのはなし。 | コメント(0)
病気のこと
ブログに書くかどうしようか迷ったけど...。実生活で人に話せる内容ではないのでここに書いて気持ちを整理したいということと、いずれは子どもたちに見せたいという思いもあるので書こうと思います。


9月17日に、大腸内視鏡検査を受けてきました。


いやもう、検査(の準備が)大変でした。それはともかく。


で。病理検査の結果が出たのが9月24日。


結果、病気見つかったんです。エコーで大きな病気(腫瘍など)は見つかっていないので大丈夫とのことだったんですけど。

意外と大きな病気だ、という先生の反応でショックです。


潰瘍性大腸炎との診断でした。


実は、少し前にこの病気のことをテレビで知りました。症状が重いと仕事に行けないくらい大変なのだそうです。そのときに知った症状が私の症状に似ている気がすると思ったので、最初から専門で消化器科があるクリニックにかかったんです。そして最初から内視鏡希望。

たぶんこの病気あまり知られて無くて、昨日実母に電話で病気の話をしたら「過敏性大腸炎」と誤解されました。説明しても理解してもらえなくて疲れました。

潰瘍性大腸炎とは、原因がまだ特定されていないがために難病と指定されている病気です。先生が言うには、生活が欧米化するに従って患者数が増え、現在10万人を超えているとのこと。20代~30代の男女の患者が多いそうです。症状は、下痢、下血、腹痛。出血しているので、貧血、体重減少、発熱なども起こるとのこと。これ全部当てはまってます。

内視鏡を使って検査をすると、腸管にただれが見られます。私の場合、範囲は直腸からS状結腸までで、中等症と書かれてました。人によって、直腸だけとか、大腸全体とか、範囲が違うそうです。治療でその範囲が小さくなることもあるみたい。

ご存じの通り、気になることはあれこれリサーチしたくなっちゃう私なので(笑)、もちろんこの病気についてネットで調べてみました。食事に気をつけた方が良いって記事が多いんだけど、最近は食事制限しない病院もあるよ、という話もあったりして、さすが原因不明な病気だなーと難しいです。要は、お腹の調子が落ち着いていたら、暴飲暴食しなければある程度食べて大丈夫みたいなことらしいです。

あ、すぐ死ぬ病気じゃないです。

この夏の体調不良は気のせいなんかじゃなかったーーー。あの体のだるさは主に貧血から来てると思いますが、お腹がシクシク痛むのも地味に辛かったーーー。

この症状に加えてレディースデーが来て、夏風邪引いちゃった時は半分死んでました。


しかし、痔じゃなくて良かった(笑)。

いや、むしろ痔のほうが良かったか?(笑)。



次回のお話は~、はじめての内視鏡検査!
[2013/09/28 00:32 ] | ワタシのはなし。 | コメント(2)
| ホーム |