FC2ブログ
挑戦の意味…なるほど
先生から受賞のメールいただいた時に、今回の選曲は挑戦したけど音楽をちゃんと自分のものにできてましたってあったのでほう?と思ったんですが…

毎回コンクールのプログラムをファイルに綴じてて、振り返ってみたら納得。異国の風は例年6年生が演奏してて、入賞してる子が多い気がします。めっちゃ良い曲なので是非YouTubeで聞いてくだされ。初めて聞いた時感動しました。

ある意味飛び級の選曲をしていただいたのですが、もっとすごい子がいました笑 5年生でモシュコフスキーの8つ性格的小品の火花演奏してる子がいて…難曲だけど弾きこなしてましたねー。上には上がぁぁ笑 まあマメキチさんには色んな意味で無理だw

選曲もそうだけど、いかに自分の中で噛み砕いて、表現するか。そこに尽きますねハイ。次行ってみよー!

iPhoneから送信
スポンサーサイト



[2019/07/08 10:08 ] | 未分類 | コメント(0)
マメキチさん銅賞受賞
結果マメキチさん銅賞でした!

いやー銅賞かあ~ってテンションではなく認めて頂けただけでもありがたいくらい、ハイレベルなコンクールでした。いかに上位が難しいか、改めて痛感しました。

先生がよく言ってるのは、うちは楽器店の店内コンサートがある意味1番難しいから!ってことで…。楽器店で賞をもらって次の大会に出た子はたいてい上位総なめなので…。

ロビーで待機中に他の学年の子の演奏聞こえてきましたが、曲目も凄いし演奏力も高すぎ笑

だいたい2年生はギロックオンパレード、3-4年生平吉毅州中田喜直カバレフスキー並ぶ、4-5年生あたりばらつき出てきて、6年生はシベリウスとかバルトークあたり出てくる。でも時々低学年でもなかなかのチャレンジャーもいますね~。

中学生になるとまた色んな作曲家の曲選ばれてるけど国際コンクールみたいにショパンショパン!って感じではないので面白いです笑 逆にショパン弾いた子今年はゼロです。

よし次行ってみよー!

iPhoneから送信
[2019/07/08 09:39 ] | 未分類 | コメント(0)
| ホーム |